【大人メークコラム6】ナチュラルなのに華やか! パーティーメークのコツ

【大人メークコラム6】ナチュラルなのに華やか! パーティーメークのコツ

2017年も残すところあとわずか。年末になると、クリスマスや忘年会、パーティーなど、ドレスアップする機会が増えますよね。でも、ファッションに合わせてメークを華やかにしすぎると、なんとなく派手過ぎる印象になりがち。そこで、ヘア&メークアップアーティストの新見千晶さんに、抜け感をキープしながらパーティー仕様にメークをアップデートするコツをお聞きしました!

 

簡単なのに効果絶大! ローズの目もとでエレガントに

「今年らしい抜け感のあるパーティーメークのコツは、顔のすべてのパーツを華やかにするのではなく、一部のパーツを際立たせてメリハリをつけること。人の印象は目もとで決まるといっても過言ではないので、アイメークにポイントを持ってくるのがもっとも簡単で効果絶大です」と新見さん。

メークに華やぎを加えたい時に頼りになるのがカラーアイテム。「大人の目もとには、エレガントな女性らしさを醸し出せるローズがおすすめ。ピンクのアイシャドウは、乗せ方によっては目が腫れたように見えてしまいますが、ローズは、ブラウン系の色味が入っているので、肌なじみがよく、どんな方にも似合う色です。ローズのアイシャドウをアイホール全体に塗り、目の際にだけブラウンのアイシャドウを塗ると、さらに自然な印象に仕上がります。さらに、目頭の3分の1にハイライトを入れると、輝きもプラスされ、より印象的な目もとに」。

 

アイメークのコツ

 

色で華やぎと輝きを加えたら、アイラインで引き締めて仕上げを。「アイラインやマスカラで目の周りを強調すると、目をクッキリ大きく見せることができます。アイラインはリキッドタイプを選び、まつ毛の間を埋めるように細く上品に入れるのがポイント。マスカラはまつ毛が扇状に広がるように、目頭、前方、目尻と3方向にブラシの向きを変えて動かしましょう」。

●アイメークのコツ

  • アイホール全体にローズのアイシャドウを塗り、目尻のみさらに重ね塗りに
  • 上まぶたの目の際にブラウンのアイシャドウを塗る
  • 下まぶたの目頭3分の1にハイライト(ゴールドまたはホワイト)を入れる
  • リキッドアイライナーで、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにアイラインを細く入れる
  • マスカラは、まつ毛が扇状に広がるように、目頭、前方、目尻と3方向にブラシの向きを変えながら塗る

 

チークとリップは引き算カラーで抜け感をキープ

アイメークにポイントをおいたら、チークやリップの色は控えめに。「ほかのパーツにもローズを使うと華やかになりすぎます。チークもリップも肌なじみの良いピンクベージュ系でナチュラルに仕上げるとこなれた印象に。清潔感のあるメークを目指すのがコツです」。

今どきの抜け感をキープしつつ、華やぎをまとえるメークは“ローズアイメーク”にあり! 最新パーティーメークで、年末年始のイベントを思い切り楽しみましょう。

 

モデル使用アイテム:
「ミュゼル ノクターナル アイカラー EX PI01(月夜桜)」【数量限定】5,000円(税別)