冬の乾燥から肌を守る、クリームの効果的な使い方とは?

冬の乾燥から肌を守る、クリームの効果的な使い方とは?

冬の足音が聞こえてくる11月。気温が下がり、空気の乾燥が進むこの時期は、1年で最も肌の乾きを感じる時。ポーラのAPEXスキンチェックデータでも、秋冬はうるおいが急低下しがちという結果が出ています。

 

角層細胞のはがれ具合

 

乾燥がすすむ秋冬は、クリームが重要アイテム!

すこやかな肌を保つためには、毎日のケアをしっかりするのは当たり前。なかでも、クリームは、含まれる油分が肌表面にフタをし、肌の水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。そのため、肌のうるおいが保たれにくいこの季節は、特に大切なアイテム!まだクリームを使っていないという方は、ぜひ日々のケアに取り入れてみて。

今回はすでにいつものケアでクリームを使っているという方に、いつものケアにプラスしてできるお手入れ方法をご紹介したいと思います。

 

いつものケアに+α!おすすめのクリームの塗り方

この季節は、肌の乾燥だけでなく、肌の血流も滞りがち。クリームを塗ったあと、このケアをプラスすることで、肌のうるおいだけでなく、滞りがちな血流を促し、肌をあたためることができます。

 

 

乾燥がすすみがちな季節こそ、ぜひクリームの塗り方を意識してみてくださいね。