【大人メークコラム3】夏のお疲れ顔は、ツヤファンデ+ハイライトで解決!

【大人メークコラム3】夏のお疲れ顔は、ツヤファンデ+ハイライトで解決!

残暑厳しい昼下がり、ふと顔を見て「老けた?」「私、疲れてる?」と感じることはありませんか? 強い紫外線、猛暑、エアコンによる乾燥…肌にとって試練の夏は、肌がくすんでエイジングが進みやすくなりがち。これがいわゆる「夏老け」なんです。そこで今回は、ヘア&メークアップアーティストの新見千晶さんに、「夏老け」を上手にカバーするメークテクニックをお聞きしました!

 

【メークSTEP1】夏こそ保湿成分入りの下地やリキッドファンデを

「見た目の疲れは、目のまわりや頬など顔の上部に出やすいもの。それらをカバーするには、ベースメークで肌にツヤ感を出すことが大切です」と新見さん。

そのためには、ファンデーション選びが肝心。「肌がベタつきがちな夏はパウダーを選ぶ方が多いと思いますが、ツヤ感を出すには保湿効果のあるリキッドタイプがおすすめ。最近は、保湿効果がありながら、使い心地が軽くサラッとしたアイテムが登場しているので、上手に活用しましょう。美容成分がたっぷり入ったCCクリームもおすすめです」。

そして、塗り方にも注意が必要。「今は素肌のような軽い仕上がりがトレンドなので、くすみをカバーしたいあまり、厚塗りにしてしまうと一気に老けた印象に。まずはピンクパール系の下地でくすみを飛ばし、肌色をトーンアップしてから、ファンデーションを薄く塗りましょう。SPF値の高い下地を使えば、ファンデーションとの重ね使いで紫外線ケア効果も高まります」。仕上げのパウダーはポイント使いに。「パウダーは、特に崩れやすいTゾーンと小鼻周りにのみ、薄くのせましょう。顔全体にたっぷりパウダーをのせると、厚ぼったくシワっぽくなり、老けた印象に見えてしまうので避けて!」。

 

ファンデーションの選び方&塗り方のポイント

 

  • リキッドタイプを選ぶ
  • ピンク系の下地でくすみをカバー
  • 薄塗りで仕上げる

 

【メークSTEP2】アイラインより効果あり!? ハイライトで明るい目もとに

顔全体をツヤのある肌に仕上げたら、次に取り入れたいのがハイライト。「視線が集まりやすい目もとがくすんでいると、顔全体がどんよりした印象に。逆に目もとが明るいと、顔全体の印象がぐっと明るく華やかになります。」。

ハイライトは、肌になじむカラー選びがポイント。「素肌が内側から発光しているように見せるためのものなので、真っ白やパールが強すぎるものなど、肌から浮いてしまう色はNG。肌なじみがよいベージュやアイボリー系を選びましょう」。

また、形状にもポイントがあるそう。「使いやすいのは、ブラシでも指でも使えるパウダータイプ。ハイライトを指に軽くとり、目尻にポンポンとのせます。ポイントで乗せたい目尻や口角には指で、頬の高い部分やTゾーンなど広い部分にはブラシで、それぞれくるくる回しながら入れると、メリハリのある印象に」。

 

ハイライトの選び方&塗り方のポイント

 

  • 肌なじみがよいベージュ系を選ぶ
  • パウダータイプを選ぶ
  • 目尻、口角には指で、Tゾーン、頬の高い部分にはブラシで塗る

ハイライトの塗り方図解

 

【スキンケア】夏もうるおいケアが重要! 日やけ止めを落とす時も要注意

肌が乾燥していると、ファンデーションやハイライトがのりにくく、浮きやすくなりがち。「夏はエアコンなどで肌が乾燥しやすいので、意識してうるおいを与えて。夏でも顔全体にクリームを使うのはもちろん、デリケートな目もとはアイクリームで保湿を。また、日やけ止めを洗い落とす際に、肌をこすって傷めないようにしましょう」。

まだまだ夏のイベントが目白押しの8月。いつもよりもツヤを加えたベースメークと保湿ケアで、「夏老け」知らずの美肌で過ごしたいですね。