春夏の肌は「朝8時ケア」がおすすめ!

春夏の肌は「朝8時ケア」で守り抜く!

春風が心地よい季節がやってきました。それはつまり、UV ケアのシーズンも本番になったということ。日中の外出時はきちんとUVケアをしているのに、毎年日焼けやくすみに悩まされる……という人は、もしかしたら1日に降り注ぐ紫外線量の傾向を誤解しているのかも! 実は、1日の始まり「朝8時のケア」が春夏の美肌のカギを握っているのです。

 

穏やかに見えても侮れない! 朝8時の紫外線

1日の時間別紫外線量の変化

 

日差しが強い時には大抵の女性がUVケアを念入りにしたり、日傘やストールなどでシャットアウトしたりしようとするもの。でも、朝の穏やかな日差しに対しては無防備になっていませんか? 実は朝8時の紫外線量は、昼の紫外線量の2/3。想像している以上に多いのです。しかも、朝8時といえば、通勤や洗濯物干し、ゴミ捨て、子供の送り迎えなど、多くの女性が戸外にいる頻度が高い時間帯。「ほんの短時間だから」と思っても、毎日積み重ねることによって、日焼けやくすみ、シミの原因につながってしまうのです。

 

朝のスキンケアに、まずは手軽なUVケアアイテムを組み込む

朝のスキンケアに、まずは手軽なUVケアアイテムを組み込む

photo:GettyImages

 

とはいっても、朝は忙しいのでつい手を抜きたくなる気持ちもわかります。そこで、まずは手軽さ重視で、UVカット効果のある日中用ミルクやクリームを取り入れてみては。朝のスキンケアに組み込んでケアできるので、短時間の洗濯物干しやゴミ捨てのうっかり日焼けを防ぐことができます。通勤などの長い外出なら、その上にUVカット効果のある下地とファンデーションを重ねましょう。朝塗ったからと安心せずに、こまめに塗り直すことを忘れずに。塗り方はこちらをCHECK!

 

日差しの強さや時間帯にとらわれず、UVケアは朝からスタート。「朝8時のケア」を習慣にして、春夏の肌を紫外線から守りましょう。