美白県グランプリ発表! 色白美人が多い県TOP3は?

美白県グランプリ発表! 色白美人が多い県TOP3は?

3月14日はホワイトデー。実は、この日はポーラが制定した「美白デー」でもあります。この「もうひとつのホワイトデー」にちなみ、ポーラは、色白の女性が多い都道府県を調査した「美白県グランプリ(※1)」を発表! 色白美人がもっとも多い都道府県とは!?

 

色白美人が多い都道府県TOP3は、広島、京都、秋田

 

「美白県グランプリ」TOP3は、広島、京都、秋田。この3府県は、昨年ポーラが発表した「ニッポン美肌県グランプリ2016」でも1位(広島)、5位(秋田)、9位(京都)と上位にランクインした美肌女性の宝庫。TOP10の顔ぶれを見ると、「ニッポン美肌県グランプリ2016」の結果と同様に広島が1位という快挙を達成!また、美人が多いイメージの京都は2位、色白美人が多いといわれる秋田は3位という結果に。

 

全国47都道府県で集めた肌データを、「その先の美容」へ活用

全国47都道府県で集めた肌データを、「その先の美容」へ活用

photo:gettyimages

 

この「美白県グランプリ」は、ポーラが全国47都道府県から集めた、累計1,680万件を超える膨大な「肌のビッグデータ」を活かしたランキングです。ポーラは、この肌データを活用し、ほかにも「ニッポン美肌県グランプリ」や、ポーラ社内でもっとも美肌のスタッフが多い部署を調査した「美肌部署グランプリ」なども発表しています。

さらに、日本気象協会と連携し、向こう一ヶ月の肌環境と肌のケア方法を都道府県別に発信する「美肌予報」でも、肌データを活用。「毛穴熱風(※2)」「肌荒風(※3)」などの発見につながりました。また、ポーラのAPEXブランドは、お客様の肌データをもとに個々に合ったスキンケアを提案。ポーラの肌データは、地域ごとの肌環境の解明から、個々のスキンケアの見直しまで、さまざまな形で活用されているのです。

ポーラの肌データは「美白県グランプリ」をはじめ、さまざまな形で活用されています。今、そして未来の美容へ、さらに活用の範囲は広がっていくはず。私たちも、日々のケアに上手に取り入れていきたいですね。

 

(※1)美白県は「シミができにくい」「透明感がある」の2項目のみでランキングした結果
(※2)毛穴を開かせる「山」と「海」から吹き込む2種類の熱風
(※3)肌のうるおいを奪う、高い山脈を越えてくる乾燥型と、狭い平野を通り抜ける突風型の2種類の風