保湿しても肌がカサつく…その原因は「肌冷え」かも!?

保湿しても肌がカサつく…その原因は「肌冷え」かも!?

保湿ケアを念入りにしているはずなのに、なぜか肌がカサつく……。それなら、自分の頬をそっと触ってみてください。ひんやりと冷えていませんか? だとしたら、その肌の不調は「肌冷え」が原因かもしれません。外気にさらされがちな顔の肌冷えは、血行不良を引き起こすだけでなく、肌荒れやカサつきの原因になることがあるんです。

 

肌冷えケアをしている人は、乾燥ケアのたった半分!

ところが、20~40代の女性(319人)にアンケート調査を行ったところ、保湿などの乾燥ケアをしている人(223人)に比べて、温める食材を摂る、入浴などの肌冷えケアをしている女性は約半分(125人)という結果に。肌冷えケアは、ふだんの生活のなかでこまめに行うことが大切。早速今日から、簡単にできる肌冷えケアを始めましょう。

肌冷えアンケート

 

仕事中や外出先でも取り入れられる「肌冷え」ケア

肌冷えアンケート

photo:thinkstock

 

肌冷えケアの基本は、温めること。それには、マッサージやストレッチ、体の中から温める食材を積極的に摂りましょう。

 

1)耳ほぐし

メイク前、オフィスでの休憩時などに、耳を指でほぐすようにつまみましょう。耳には毛細血管がたくさん集まっているので、ぜひ取り入れてみて。

 

2)ストレッチ

首や手首、足首を動かすことで、血流を促します。デスクワークなどで体がこわばったと思ったら、「3つの首」をクルクル動かすように意識しましょう。

 

3)体を温める食材を摂る

ショウガオールなどの「温め成分」を含む生姜のほか、にんじん、ねぎなど地面の下にできる野菜や、りんごなど寒い地域でできる果物には体を温める効果が期待できるので、積極的に摂りましょう。

 

また、風も肌を冷やすので、ストールやマスクなどで肌を守るのもおすすめ。肌冷えケアは、普段の生活で少し意識するだけでできることばかり。今日から、「保湿+温め」ケアを実践して、冬を美肌で過ごしましょう。