ベッド&歯磨き中にできる!美肌を目指すためにオススメの「美肌体操」って?

ベッド&歯磨き中にできる!美肌を目指すためにオススメの「美肌体操」って?

冬は寒さで体が縮こまり、首や肩などにコリを感じやすい季節。みなさんは、なにか対策をしていますか? 今年、ポーラの「ニッポン美肌県グランプリ2016」で美肌県1位に輝いた広島県は、首や肩にコリを感じている人が47都道府県でもっとも少ないという調査結果が出ています。体調を整えてコリにくい体をつくることが、健康にはもちろん、肌にも良い影響を与える可能性があります。

 

日本人は運動不足! 肌にも影響しているかも!?

日本人は運動不足! 肌にも影響しているかも!?

photo:thinkstock

 

首や肩のコリの状態を良くする、おすすめの方法のひとつが運動。運動をすることで、コリの大きな要因である血行不良の改善が期待できます。さらに、成長ホルモンの分泌が促されて肌の基礎代謝力が高まり、角層のターンオーバーが整う効果にも期待。つまり、運動は健康な体を作るためだけでなく、美肌のためにも大切なのです。

ところが、2011年にWHOが発表したレポートによると、15歳以上の日本人の約65%が運動不足で、世界各国(アメリカ43.2%、中国30.6%)と比較してもその差は歴然。
そこで、ポーラと日本女子体育大学が協力し考案したのが、日常生活で取り入れられる体操、その名も「美肌体操」。手軽にできるので、忙しい毎日でも習慣にできそう!

 

ベッドの中や歯磨きタイムに「美肌体操」を取り入れて

女性にとって、朝の肌コンディションはとても大切。体操を習慣にすることで血流が促され、最近メイクのりがいい……なんてうれしい気づきが生まれるかも。どれも簡単な動作なので、誰でもすぐにマスターできます。

 

●美肌体操――朝起きて、1日のはじまりはストレッチから

 

【布団の中で】手足グーパー(10セット)

朝起きたら、布団の中で手と足の指を「グーパー」します。できるだけ、大きく開き、小さく閉じるイメージで。寝ている間に冷えた体を温め、血流を促します。

手足グーパー

 

【布団の中で】伸び(5秒×2セット)

寝たままの姿勢で行います。手を頭の上で組み、そのまま上に伸びます。そのとき、足も下に伸ばします。手から足先まで体全体が伸びることを意識。

 

【歯を磨きながら】片足を上げ下げ(5回×2セット、左右)

歯を磨きながら簡単にできる体操です。片足を後ろに出し、小刻みに上げ下げします。前に倒れすぎないよう、腹筋・背筋に力を入れて立ちます。

 

「美肌体操」の特集ページでは、朝の体操以外にも「家事をしながら」「デスクワークをしながら」「1日の終わりに」と、3つのシーンで行う美肌体操を紹介しているので、ぜひチェックを!

美肌を目指すためには、運動も大切。日常生活のすきま時間に「美肌体操」を取り入れて、さらなる美肌を目指したいですね。