目尻、口もと……気になるシワは「○○塗り」でケア!

目尻や口もと、額などに、いつのまにかシワが! 老けた印象を与えてしまうシワ、なんとか目立たなくさせようと、美容液やクリームを念入りにぬりぬり……。でも、ちょっと待って! 指の動き、ちゃんと意識していますか? シワケアは「塗る方向」が重要なのです。

 

シワには「平行塗り」ではなく、「直角塗り」!

美容液やクリームを塗るときに、指の動きがシワと平行になっていませんか? シワケアの場合は、実はその逆。シワを横切るように指を動かす「直角塗り」がおすすめです。また、シワの部分は肌が折り重なっているので、化粧品をつけるときはシワを一方の手で伸ばしながらつけるようにしましょう。

 

目もと、口もと、額。気になるパーツの塗り方をマスター!

シワケアのためのクリームは、パーツによって塗り方を工夫することがポイント。それぞれの形状に合わせて塗りましょう!

【目もと】
ピンと伸ばし、シワの奥までクリームをなじませて!

目もとの塗り方

 

目じりのシワは、片方の手をチョキの形にして、上下にシワをのばしながらクリームを塗ります。目の下のシワは、肌を目尻方向に引っ張ってシワを伸ばしてから塗布。指の腹でシワと直角になじませましょう。

【口もと】
頬を引き上げ、シワを平らに!

口もとの塗り方

 

口もとのシワにクリームを塗るときは、まず片方の手で頬を持ち上げ、シワの部分をのばして。内から外へ、シワを横切るように何度か指を動かし、すみずみまで塗り込みます。

【額・眉間】
直角塗り&斜め塗りで、シワの溝までぬかりなく

額・眉間の塗り方

 

額のシワには、シワを切るように指を縦に動かして。そうすることで、シワの奥にまできちんとクリームが届きます。眉間の縦ジワは、シワを伸ばすように斜めに引き上げながら塗ります。

シワケアは、パーツごとの塗り方を意識することがコツ。朝晩はもちろん、夕方の化粧直し時の保湿ケアにも、ぜひ「直角塗り」を取り入れましょう。

 

※シワ:乾燥による小ジワ