スポーツの秋!美肌でアクティブに楽しむには?

ポーラが持つ肌のビッグデータと、日本気象協会の天気予報をかけあわせ、向こう一ヶ月の肌を取り巻く環境と、そこで美肌を保つためのケア方法を、都道府県別に発信する「美肌予報」。全国的に過ごしやすい気候の10月は、アウトドアスポーツが楽しい季節です。でも、西日本の肌環境は油断大敵! お手入れ方法をチェックして、美肌ケアをしながらアクティブに楽しみましょう。

 

10月、アウトドアスポーツが満喫できる3県

10月、アウトドアスポーツが満喫できる3県

photo:thinkstock

 

年間の平均気温が約17度(気象庁 気象観測統計)と、1年中温暖な宮崎。アウトドアスポーツが盛んで、中でも特筆すべきはゴルフ!国内最高峰のゴルフトーナメント「ダンロップフェニックストーナメント」が行われるフェニックスカントリークラブは、ゴルフ通なら一度は訪れたいと願う憧れのゴルフ場。南国リゾート気分を存分に味わえる美しいゴルフコースでプレーすれば、セレブのような優雅な一日を味わえそう。また、宮崎は秋もマリンスポーツのシーズンなので、サーフィンやボディボードもまだまだ楽しめます。

高知は、清流として知られる四万十川周辺がアウトドアスポーツのスポット。カヌーのほか、川沿いを走るサイクリングも人気です。川のせせらぎを聞きながら自然を楽しめ、リフレッシュできること間違いなし! また、下半身引き締めなどの美容効果で人気が高まっている乗馬を、気軽に堪能できるのが三重県。名乗馬クラブが複数あり、1日乗馬体験も可能。馬と自然に触れあいながら、美しいボディラインを手に入れてみては?

 

「宮崎・高知・三重」はシワ&糖化に注意!

「宮崎・高知・三重」はシワ&糖化に注意!

photo:thinkstock

 

ただし、上記3県の肌環境はいずれも厳しめ。10月の美肌予報によると、とくに気を付けたいのが「シワ・糖化・シミ」のケアといえそうです。
まず意識したいのはシワケア。乾燥小ジワが気になるこの季節、肌のうるおいを奪う風“肌荒風”に要注意。とくに、アウトドアでスポーツを楽しんで顔に長時間風が当たった日は、入念に保湿ケアをしましょう。
次に気を付けたいのが糖化ケア。大切なのは、余分な糖の吸収を抑えること。水溶性食物繊維(こんにゃくや海藻類)には、食べた物を吸着して、体内への吸収を抑える働きがあります。サラダにワカメをのせる、小鉢にめかぶやもずくを加えるなどして、積極的に摂りましょう。

 

シミケアにはビタミンACEを含む野菜がおすすめ

シミケアにはビタミンACEを含む野菜がおすすめ

photo:thinkstock

 

シミケアは食で一工夫を。抗酸化力に優れた美肌の味方、ビタミンACE(エース)を多く含む野菜を食事に取り入れましょう。今の時季は体を温める温野菜がおすすめ。なかでもカボチャは加熱してもビタミンが壊れにくいので、煮物や炒め物などにして摂るのがおすすめです。

美肌予報では上記の3県のほか、全国各地の美肌環境とお手入れ方法をご紹介中。地域ごとのおすすめのケアを取り入れて、秋のスポーツをアクティブに楽しみましょう!

 

※糖化:角層の糖化
※シワ:乾燥による小ジワ