レジャーが増える夏本番目前!旅行前に美肌予報をCHECK

レジャーが増える夏本番目前!旅行前に美肌予報をCHECK

ポーラが持つ肌のビッグデータと、日本気象協会の天気予報をかけあわせ、向こう1ヶ月の肌を取り巻く環境とそこで美肌を保つためのケア方法を、都道府県別に発信する「美肌予報」。屋外のレジャーや旅行が増える7月は、遊びに行く前に美肌予報をしっかりCHECK!

 

北日本の旅行は毛穴の開きに要注意!

晴れた青空と写真

photo:thinkstock

 

7月の北日本は、先月に引き続きほぼ快適な時期。なかでも、北海道は安定した肌状態をキープできそう。一方、肌状態はまずまずだけど、毛穴の開きに注意したいのが青森と秋田。旅行中に写真を撮るとき、毛穴が開いた状態だと、せっかくの思い出も台無しに……。気になるときには、乳液を含ませたコットンで気になる部分のメークをオフしてから化粧直しをしましょう。毛穴に入り込んだファンデーションや皮脂が取り除かれ、肌がやわらかくふっくらするので、メークののりもよくなって、毛穴もきれいにカバーできます。

 

炎天下でのバーベキューでは肉だけでなく野菜も!

バーベキューのイメージ

photo:thinkstock

 

梅雨明けとともに紫外線量が増加しそうなのが、三重、埼玉、神奈川。とくに三重は美容液などを積極的に使って、丁寧なお手入れを意識しましょう。神奈川は炎天下でのバーベキューや浜辺でのレジャーで賑わいますが、美肌指数は厳しい時期。紫外線に加え、脂っこい食事を摂りすぎると「いつもより濃く、しつこいシミ」の原因になることも。抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eの野菜や果物を取り入れるなど、バーベキューのメニューにも一工夫するのが美肌女子!

気になる東京、愛知、大阪は、紫外線に加えて糖化にも注意が必要。紫外線は、日ヤケだけではなく「糖化」という肌のくすみにもつながる現象にも影響を与えます。「糖化」を抑えるためには、甘いものの摂りすぎにまずは注意。夏は、かき氷やアイスなど、甘い誘惑が多い季節ですが、美肌のためには、たまのご褒美にとどめておくのが良さそう。

7月はレジャーや旅先の地域の美肌予報に合ったケアをして、思う存分「夏」を満喫しましょう。

 

※毛穴=角層の毛穴
※糖化=角層の糖化
※美白=メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ