O型の女性は誰よりも美白意識が高い?

O型の女性は誰よりも美白意識が高い?

紫外線をなるべく浴びないようサングラスと日傘は常備、もちろんUVケアと美白ケアには絶対手を抜かない。さらに、向上心が強くて社交的で、いいと思ったことは積極的に友だちにシェアしていく……。そんな心強い友人が何人か思い当たりませんか? だとしたら、その人の血液型がO型である可能性は、限りなく高いといえそうです。

「血液型なんか気にするのは日本人だけ」といわれても、やっぱり統計学としてはかなり言い当てられる部分も多いもの。私たちをドキッとさせる血液型のトピックは、ついつい読み込んでしまうもの。星座占いと同じように……。

 

血液型と美白意識の関係とは?

実は、ポーラにとってもこの血液型は気になるテーマでした。血液型によって美白意識は違うのだろうか? そんな思いからA型、B型、O型、AB型の各50人ずつに「肌悩み」「肌悩みのケア方法」「美容意識」などの視点で調査を行ったのが昨年のこと。

その結果、血液型に限らず肌悩みのトップは「シミ」でした。そのなかでも、O型の女性はシミを気にする傾向がほかの血液型よりも高いことがわかったのです。

 

img_16051202_01

 

さらに、ほかの血液型に比べ、美白美溶液の使用率が年間を通して高い傾向にあり、とりわけ9月~11月の美白美容液の使用率が高いという結果に。

5月ならまだまだ大丈夫……とUVケアへの気持ちが緩みがちになるところを、今からしっかりとケアせねば! と美白にはげむO型。

 

O型女子は美容ネタが大好き!

美容への関心度も84%とダントツ(ちなみにA型とAB型が66%、B型は60%)。しかも、「女性の友人知人と会ったときに必ず、あるいは時々美容の話になる」と、美容に関する会話の頻度も高いことが明らかに。

 

img_16051202_02

 

自分がいいと思ったことは、人に知らせずにはいられない……一般的にも向上心が強くて社交的と言われることの多いO型は、知らず知らずのうちに美の発信者となっていることが多いといえそうです。

ちなみに肌悩みのトップ「シミ」を血液型別に見てみると、一番気にしていないと答えたのがAB型。しかし、気にしてないけれど、美白美容液の使用率はO型に次いで多いというユニークな結果に。

きちんとケアしているからシミが気にならないAB型。ちゃんとケアしているけれど、シミが気になるO型。なるほど、血液型に見る意識の違いはやっぱり奥が深いのです。