乾燥ケアの重要キーワード「タイトジャンクション」とは?

乾燥ケアの重要キーワード「タイトジャンクション」とは?

気温が下がり冷たい空気にさらされるこの季節、肌悩みランキングの上位にくるのが乾燥です。もし、保湿ケアをきちんとしているはずなのに、肌がカサつく、粉がふいてしまうという悩みがあるなら、「タイトジャンクション」に注目する必要があるかもしれません。耳慣れないけれど、ちょっと気になるこのキーワード「タイトジャンクション」とは

 

うるおいをキープする、「タイトジャンクション」の働き

うるおいをキープする、「タイトジャンクション」の働き

photo:thinkstock

 

「タイトジャンクション」は、細胞と細胞の隙間を埋めて肌内部に水分を閉じ込める働きをする、いわば「肌の水門」です。正常な肌では「タイトジャンクション」が正しく機能し、水分などの流出を防いでいます。ところが、外気温が下がり皮膚の温度が低下すると、この「タイトジャンクション」の機能が不充分に。例えば、水門が決壊したダムにどんなに放水しても、水を溜めておくことはできませんよね。それと同じで、「タイトジャンクション」の機能が不充分な肌は、保湿ケアをしてせっかく与えた水分が流れ出して、肌の乾燥が進行してしまうのです。

 

乾燥をケアするためには肌の温めを取り入れて!

乾燥をケアするためには肌を温めるケアを取り入れて!

photo:thinkstock

 

乾燥を防ぎ、肌のうるおいを保つためには、肌を温めるケアが大切。自宅だけでなくオフィスや外出先で簡単にできる温めケアを取り入れましょう。

 

仕事中や外出先でも取り入れられる「肌冷え」ケア

 

また、風も肌を冷やすので、ストールなどで顔を鼻の頭まですっぽりまいて肌を守ることもオススメ。うるおい肌のカギ「タイトジャンクション」。そしてうるおいのある肌を目指すために、冷やさないケア&温めるケアを習慣にしましょう!