夏休み本番!子ども向けの日ヤケ止めはどう選ぶ?

夏休み本番!子ども向けの日ヤケ止めはどう選ぶ?

太陽の下で子どもが遊ぶ機会の多い季節。夏休みに役立つ子どもの日ヤケ止めの選び方をご紹介します。まずは、キャンプやプール、通学など、子供の生活シーンに合わせたサンスクリーンを選ぶことが基本となりますが、さらに気をつけるべき点をおさえましょう。

 

1.まずは「落としやすさ」で選ぶ

シャワーのイメージ

photo:thinkstock

 

「塗りやすさ」重視で子どもの日ヤケ止めを選んでいませんか? 肌のことを考えるなら、それ以上に大切なのが実は「落としやすさ」。専用のクレンジング料を使わないと落とせない日ヤケ止めもあるので、選ぶときはお湯で落とせる、ボディシャンプーで落とせるなど、「落としやすさ」を基準にしましょう。

 

2.「水に強い?」「アレルギーは大丈夫?」をチェック

海水浴のイメージ

photo:thinkstock

 

続いてチェックしたいのが、次の二つの項目です。

 

● ウォーターレジスタンステスト済み

これは、水に落ちにくい製品設計であるということ。汗ですぐに落ちてしまったり、海やプールで頻繁に塗り直さなくてはいけなかったりすると、ママも大変! 「ウォーターレジスタンステスト済み」の表示があれば、太陽の下や水辺で思い切り遊びたい子どもにもオススメです。

 

● アレルギーテスト済み

繊細な子どもの肌には、少しでも負担の少ない製品を選びたいところ。「アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないわけではありません)」の表示がある日ヤケ止めを選びましょう。

 

とはいえ、子どもの肌はひとりひとり違います。肌の状態を見ながら、普段なんとなく目にしているこれらの注意書きを見落とさずにチェックして、肌に合ったものを選びましょう!

 

子どもに使える日ヤケ止めはこちら