ゴルフ?ラン?スキー?「照り返し紫外線」ナンバー1は?

ゴルフ?ラン?スキー?「照り返し紫外線」ナンバー1は?

スキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツが楽しい季節。そんなとき忘れずにケアをしたいのが紫外線です。「雪焼け」などの言葉があるとおり、雪が紫外線を照り返す(=反射する)ことは知られていますが、実はその紫外線反射率は、ほかのアウトドアレジャーやスポーツが行われる環境よりもかなり高いのです。

 

マリンスポーツやゴルフよりも、スキーが1位!?

マリンスポーツやゴルフよりも、スキーが1位!?

 

雪から照り返される紫外線の存在は知っているけれど、とはいえ冬だし、ささっとUVケアをしておけばいいよね……と思っている女性は少なくないはず。でも、アウトドアスポーツが行われるさまざまな環境の紫外線反射率を調べたところ、雪の紫外線反射率は80~95%で、芝生の1~2%やコンクリートの5~6%よりも圧倒的に高いことがわかりました。また、水面は状況によって10~100%とばらつきがあるのに対し、雪は常に80%以上の高反射率! つまり、ゴルフやラン、マリンスポーツと比較しても、スキーやスノーボードは、雪に反射する紫外線、すなわち「照り返し紫外線」に注意しなければならないのです。

 

ウィンタースポーツには、保湿効果のあるUVケアアイテムを

▼

 

雪の日は空気が潤っていると思いがちですが、実は降雪地域は空気が乾燥します。そこで、ウィンタースポーツをするときは、SPF値とともに保湿効果もあるUVケアアイテムを選びたいもの。ポーラの「B.A.プロテクター」は、SPF50で保湿効果もあるのでおすすめです。また、「照り返し紫外線」は下からも浴びてしまうため、あご部分の塗り忘れにも注意!

ウィンタースポーツの「照り返し紫外線」は想像以上に強いので、事前にUVケアをしてから楽しみましょう。